連合三田会大会

 

連合三田会大会とは

 

慶應連合三田会大会とは慶應連合三田会()のサポートのもと、毎年卒後30年、20年、10年の塾員有志が実行委員会を組織して毎年秋に慶應義塾大学日吉キャンパスで開催する大規模な同窓会です。

KP会からも同じ(卒後)該当学年の卒業生が実行委員として、毎年同期塾員の皆さんと一緒に当日の各種運営業務に携わっています。

また、大会当日は、様々なイベントが開催され、多くの模擬店が出店し、大いに賑わいます。

KP会も、「交流ルーム」を設け、講演会開催などを企画いたします。


 

)「慶應義塾大学の卒業生(塾員)が組織する同窓会のこと。

  卒業年度、地域、職域などを単位とした数多くの三田会があります。

  KP会は、正式に登録されており、慶應連合三田会のホームページからリンクされています。

 



2018年度 連合三田会大会のお知らせ


2018年度の慶應連合三田会大会は、1021日(日)に開催されます。

 

今年の実行委員は54回生(1988年卒)を主学年に、55回生(1989年卒)、64回生(1998年卒)、74回生(2008年卒)を副学年として活動する予定です。

 

大会券(1枚2000円または2000x5枚綴りのシートで1万円)を購入すると各種記念品の引き換え券、豪華景品の当たる福引券がついており、楽しみも加わります。

また、当日行われるコンサート、トークショーなどの入場券にもなります。


大会券はKP会事務局で販売しております。ご希望の方はお気軽にご連絡ください。


2018年慶應連合三田会大会についての詳細はこちらをご覧くださいhttp://2018.rengomitakai.jp/










2018年度 KP会交流ルームについて


KP会では、今年も連合三田会大会当日に、KP会交流ルームを設けます。
今年は、慶應義塾大学薬学部 医療薬学・社会連携センター所属で、
大学の付属薬局薬局長でもある山浦克典教授に講演していただく予定です。

また、各学部の学生によるパネルディスカッションも企画しております。
詳細が決まりましたら、このページでお知らせいたします。

交流ルームはイベント開催時間以外も開放しております。薬学部同窓生の皆様の待ち合わせの場所としてもご活用ください。



 

2017年度 連合三田会大会のご報告

2017年度は、2017年10月15日(日)に開催されました。
53回生(1987年卒)が主体となり、54回生(1988年卒)を副学年として、大会の活動に
参加しました。


KP会交流ルームでは、医学部、理工学部、看護医療学部、薬学部の学生による学生生活の発表があり、薬学部の長瀬健一准教授から、最新の研究成果のご紹介をいただきました。




       金澤薬学部長、長瀬教授(二列目中央)、KP会役員、芝学友会のメンバー