慶應義塾大学薬学部KP会の歴史

KP会とは

KP会は、慶應のK(共立のKでもあります)とPharmacyのPを意味し、旧共立薬科大学卒業生と
慶應義塾大学薬学部卒業生で組織する同窓会の名称です。
古くは共立女子薬学専門学校の同窓会、共立薬科大学同窓会を経てKP会となりました。
平成21年4月1日からは、一般社団法人慶應義塾大学薬学部KP会(以下「KP会」)として法務局に登記し、法人格を得ております。
全てのことは、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成十八年六月 二日法律第四十八号)(以下「法律」) の範囲で定められたKP会定款通りに行うこととなります。
KP会の組織・運営・管理について決議する場として、社員総会があります。
KP会定款定められた法律上の社員(代議員理事及び監事)で構成されており、全社員の会議として重要な役割を果たします。
 

 

年表

活動事項
昭和5年(1930) 共立女子薬学専門学校設立認可
昭和10年(1935) 専門学校 第1回生卒業
長田捷二共立女子薬学専門学校長が会長となり、同窓会設立
昭和23年(1948) 同窓会誌「なごみ」創刊
昭和24年(1949) 学制改革により、専門学校から共立薬科大学となる
昭和28年(1953) 薬学専門学校および新制大学卒業生が会員になることを決定
新名称を「共立薬科大学同窓会」とし、会長1名、副会長2名を同窓会より選出
学長は名誉会長となる
昭和30年(1930) 同窓会主催研修会として第1回・第2回調剤講習会開催
昭和42年(1967)

会員相互の親和と学術面の向上を目的として学術部設置。

学術部小委員会発足 研修会開催を準備

昭和43年(1968) 同窓会主催「なごみ研修会」開催
昭和62年(1987) 「なごみ研修会」は「共薬なごみ研修会」として大学と同窓会の共催となる
平成5年(1993) 「共薬なごみ研修会」は「共立薬科大学卒後教育研修会」として大学主催になる
同窓会の薬剤師卒後教育「共薬なごみ通信講座」開始
平成7年(1995) 共立薬科大学生涯学習センター設立
「通信講座」は「共立薬科大学生涯学習センター」の中に組み込まれる
阪神淡路大震災に際し、KP会義援金口座開設
平成10年(1998) 学校法人共立薬科大学と同窓会の共同出資による「株式会社共薬なごみ」を設立
平成18年(2006) 学校法人共立薬科大学理事会・評議会において、慶應義塾との合併議決
平成19年(2007) 合併契約書締結・調印式
平成20年(2008) 共立薬科大学は慶應義塾と合併し、慶應義塾大学薬学部となる
同窓会は「KP会」と名称変更し、共立薬科大学および慶應義塾大学薬学部卒業生を会員 とすることに決定。共立薬科大学校歌歌碑建立
平成21年(2009) 一般社団法人慶應義塾大学薬学部KP会として登記する
慶應連合三田会の登録団体に正式に承認される
平成22年(2010) 慶應連合三田会大会の準備にKP会が参加する
平成23年(2011) 東日本大震災に際し、KP会義援金口座開設
平成24年(2012) はじめての6年制卒業の同窓生が、KP会に入会する

 

 

共立薬科大学同窓会から慶應義塾大学薬学部KP会への推移

平成18年11月20日 慶應義塾と共立薬科大学は合併を前提とした協議に入ることに合意
平成19年3月26日 合併契約書に調印
平成20年2月22日 同窓会は「KP会」と名称変更し,今後共立薬科大学卒業生は慶應義塾大学薬学部卒業生と一緒に活動を続けることを総会で議決する
平成20年4月1日 共立薬科大学は慶應義塾と合併し慶應義塾大学薬学部となる
平成21年4月1日 慶應連合三田会※に正式登録される
平成22年11月1日 石井会長は第33期慶應義塾評議員に選任される