研修会

KP会は、春・秋の研修会の他、薬剤師を対象としたKP会福島塾を開催しております。

メール配信をご希望の方は、メールアドレスをご登録ください。 ⇒ メールアドレス登録はこちら



2018年秋の研修会のお知らせ



日 時

2018年12月8日(土)16:00~17:30

演 題

薬剤師に必要なアンチ・ドーピングの基礎知識

~アスリートに「うっかりドーピング」をさせない!~

講 師

真鍋 知宏先生

 慶應義塾大学スポーツ医学研究センター

日本臨床スポーツ医学会J-SPORTSCAR study事務局

日本オリンピック委員会専任メディカルスタッフ(ドクター) 

 研修認定

単 位

慶應義塾大学薬学部認定薬剤師研修単位:1単位

 受講料

 1,000円

※KP会会員・在学生の方はKP会が負担します

場 所

慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス

1号館B1階 マルチメディア講堂

 申し込み
「 研修会申込みフォーム」よりお願いいたします

申込みフォームは こちら
 申込締切日 2018年12月3日(月)

主 催

慶應義塾大学薬学部KP会

 共 催 慶應義塾大学薬学部
後援

慶應義塾大学医学部三四会
































※薬学部生の方も歓迎いたします。受講料は無料となります。




2018年春の研修会(終了しました)


たくさんの方のご参加をいただき、ありがとうございました。

日 時

2018年5月26日(土)15:30~17:00

演 題

薬剤耐性(AMR:Antimicrobial Resistance)対策を考える

~耐性菌の現状と抗菌薬の実践的使い方~

講 師

松元 一明 先生

 慶應義塾大学薬学部 薬効解析学講座教授 

 研修認定

単 位

慶應義塾大学薬学部認定薬剤師研修単位:1単位

 受講料

 1,000円

※KP会会員・準会員(在学生)の方はKP会が負担します

場 所

慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス

2号館3階 355講義室

主 催

慶應義塾大学薬学部KP会

共 催

慶應義塾大学薬学部
























  これまでの春・秋の研修会(2013年春~2018年春)



開催年

テーマ

講師

所属

2013

慢性肝疾患の病態と治療

~日本の現状と今後の課題~

齋藤英胤教授

慶應義塾大学薬学部

薬物治療学講座

在宅医療の現状と展望

~これからの薬剤師に望むこと~

松井英男先生

医療法人社団

ビジョナリー・ヘルスケア 理事長

2014

薬剤師によるフィジカル・アセスメント

~患者さんの顔色だけで薬の効き目の判断ができますか~

中村智徳教授

慶應義塾大学薬学部

医療薬学センター長

高齢者の緩和医療

~大往生をめざして~

厚東篤先生

よみうりランド慶友病院 院長

2015

ピロリ菌感染症の治療

~耐性菌の問題と個別化治療の開発~

齋藤義正准教授

慶應義塾大学薬学部

薬物治療学講座

うつ病の薬物療法と患者さんへの接し方

野村総一郎先生

六番町メンタルクリニック院長

2016

がんの免疫療法

~免疫力でがんをやっつける~

松下麻衣子准教授

慶應義塾大学薬学部

病態生理学講座

高齢者の感染症

~呼吸器感染症を中心として~

長谷川直樹教授

慶應義塾大学医学部

感染制御センター教授

2017

薬物動態に関わるトランスポーターの機能と相互作用

~体内での薬の動きを決めるしくみ~

登美斉俊教授

慶應義塾大学薬学部

薬剤学講座

婦人科疾患の薬物療法とHPVワクチン

~産婦人科医は女性のライフパートナー~

岩田卓先生

慶應義塾大学専任講師(医学部産婦人科学)

日本産科婦人科学会専門医

2018

薬剤耐性(AMRAntimicrobial Resistance )対策を考える 

~耐性菌の現状と抗菌薬の実践的使い方~

松元一明教授

慶應義塾大学薬学部

薬効解析学講座