研修会

  KP会は、春・秋の研修会の他、薬剤師を対象としたKP会福島塾を開催しております。

メール配信をご希望の方は、メールアドレスをご登録ください。 ⇒ メールアドレス登録はこちら



2019年春の研修会

  例年、社員総会と同日に実施しておりましたが、時間の都合上、社員総会とは別日に実施いたしますのでご注意ください。

  2019年春の研修会は、慶應義塾大学薬学部 医薬品情報学講座教授の堀里子先生から、医薬品情報の上手な読み解き方・活かし方や、薬局でできる調査・研究について、実例を紹介しながらお話しいただく予定です。


《今回の研修内容について》

  ファーマシューティカルケアの実践には、「医薬品情報を収集、評価し、活用する」ためのスキルが不可欠です。しかし、薬剤師が「医薬品情報を活用する」場面で、既存の情報のみでは十分な答えが得られないこともあるのではないでしょうか。
  そのような課題(疑問やニーズ等)を埋もれさせずに、調査・研究につなげ、解決していくこと は、よりよいファーマシューティカルケアのための重要なステップです。
  本研修会では、医薬品情報の上手な読み解き方・活かし方や、薬局でできる調査・研究について、実例を紹介しながら分かりやすくお話しする予定です。



日 時

 2019年6月22日(土) 16:00~17:30

講 師

 堀 里子 先生  慶應義塾大学薬学部 医薬品情報学講座 教授

 場 所
 慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス 2号館1階151講義室

 演 題 
 薬局でできる薬学研究 ~よりよいファーマシューティカルケアのために~

 受 講 料
 1,000円 
※KP会会員・学生の方はKP会が全額負担いたします

研修単位

 1単位(慶應義塾大学薬学部認定薬剤師研修単位)


 ※ご希望の方は、当日配布する認定薬剤師研修単位申込書に薬剤師名簿登録番号の記入が
   必要ですので、ご準備ください。

 申込方法 下記の申込フォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。
 なお、申込完了メールは差し上げませんのでご了承ください。


          申込みフォームは こちら

 申込締切日
 2019年6月16日(日)

 主 催
 慶應義塾大学薬学部KP会

 共 催
 慶應義塾大学薬学部


                                    研修会のチラシは こちら



これまでの春・秋の研修会(2016年春~2018年秋)



開催年

テーマ

講師

所属

2016

がんの免疫療法

~免疫力でがんをやっつける~

松下麻衣子准教授

慶應義塾大学薬学部

病態生理学講座

高齢者の感染症

~呼吸器感染症を中心として~

長谷川直樹教授

慶應義塾大学医学部

感染制御センター教授

2017

薬物動態に関わるトランスポーターの機能と相互作用

~体内での薬の動きを決めるしくみ~

登美斉俊教授

慶應義塾大学薬学部

薬剤学講座

婦人科疾患の薬物療法とHPVワクチン

~産婦人科医は女性のライフパートナー~

岩田卓先生

慶應義塾大学専任講師

(医学部産婦人科学)

日本産科婦人科学会専門医


2018

 

 薬剤耐性(AMRAntimicrobial Resistance )対策を考える 

~耐性菌の現状と抗菌薬の実践的使い方~

 松元一明教授
 慶應義塾大学薬学部

薬効解析学講座

薬剤師に必要なアンチ・ドーピングの基礎知識

~アスリートに「うっかりドーピング」をさせない!~

真鍋知宏先生

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター

日本臨床スポーツ医学会

J-SPORTSCAR study事務局

日本オリンピック委員会

専任メディカルスタッフ(ドクター)