KP会星野尚美記念 薬学研究・活動奨励賞にたくさんのご応募を! 

 

 KP会星野尚美記念 薬学研究・活動奨励賞は、KP会会員の皆様の研究活動や、薬剤師としての社会活動を評価し、その成果を称し、広く皆様に知って頂きたいと創設された賞です。以下の3つの部門に分けて募集します。2019年度は、薬剤師活動部門で3名の方が受賞されました。


 

「1.  研究論文部門」


 医学・薬学に関する研究成果を学術論文に公表されたKP会会員(正会員A)を対象としています。今後の研究に本会の助成金制度を活用して頂く前段階として、研究歴が比較的短い会員にはふるって応募して頂きたいと考えております。


 

「2.  研究発表部門」


 医学・薬学に関する研究成果を学会で発表し、なんらかの形(学会賞、優秀賞など)で認められた若手KP会会員(正会員Aまたは会員歴2年以上の正会員B)を対象としています。論文として公表していなくても構いません。学会発表に対する受賞についても、ぜひ応募してください。

 


「3.  薬剤師活動部門」


 病院もしくは薬局で薬剤師として活動されているKP会会員(正会員A)を対象としています。

KP会では、日ごろ、病院や薬局で会員が取り組んで成果が出ている優れた活動を発掘し、広く紹介していきたいと考えています。以下に示すような活動をされている方は、ぜひ、積極的にこの部門に応募してください。また、身近に推薦したい同窓生がいらっしゃいましたら、推薦してください。なお、応募には正会員Aの推薦状が必要となりますが、所属する支部会からご紹介いたします。まずは、KP会事務局にお問い合わせください。

たくさんの方々からのご応募ならびにご推薦をお待ちしています。


 2020年度テーマ >

      1)病院もしくは薬局内での薬剤師業務改善

      2)病院もしくは薬局内での患者サービス


 <活動例>

    ・地域連携、薬薬連携に関するツールの作成、システムの構築  ・副作用早期発見の工夫

    ・他職種コミュニケーション   ・薬学実務実習生指導のための便利ツールの作成

    ・認知症患者さんと思われる方への声かけ運動  ・禁煙支援活動   ・地域活動

       ・在宅業務での他職種との円滑な連携    ・健康サポート薬局として行なっている