KP会星野尚美記念事業

KP会星野尚美記念事業のお知らせ

  

KP会員26回生星野尚美さんより遺贈を受け、2016年度に全ての遺産相続手続きが終了いたしました。

2017年527日に開催されましたKP会社員総会において下記の通り3件のKP会星野尚美記念事業が承認されましたのでお知らせいたします。

なお、各事業名には「KP会星野尚美記念」の文言を入れ、ロゴマークを制作し、末永くご遺志を語り継いでいくことといたします。

 

 KP会星野尚美記念事業についてのお問い合わせは下記メールアドレスまでご連絡ください。


       hoshino@kp-dousoukai.com

 

 

 

1.KP三田会星野尚美記念薬学部奨学金

 

勉学の意欲があり、人物・成績優秀だが、経済的に修学困難な学生に奨学金を給付します。

   

   ・対象は薬学部2~6年生、給付年額一人20万円、年間最大9

   

   ・奨学生選考は慶應義塾大学薬学部 薬学奨学委員会に一任


詳しくは、薬学部 学生課 奨学金担当までお問合せください。



2017年8月慶應義塾大学薬学部奨学基金への寄付により長谷山塾長から感謝状をいただきました。

また薬学部・杉本学部長からも9月25日に感謝状をいただいております。 

      



 

2.KP会星野尚美記念 薬学研究・活動助成金

 

KP会は、会員の学術的水準を高め、薬学・薬業の進歩発展に寄与貢献することも重要な目的として設立されてれており、この目的達成に貢献すると判断される研究や薬剤師の社会活動に対し、助成金を支給します。

  

   ・KP会員の申請により、KP会選考審査会が決定(但し非会員の共立薬科大学・慶應義塾大学薬学部

    卒業生も申請時に入会すれば応募が可能となる)

   

   ・毎年度、交付総額は200万円とし、一件あたりの支給金額の上限は50万円とする

   

   ・年度終了後、報告書を提出し、当会指定の報告会で発表、「なごみ」掲載


★ 2019年度の応募は締め切りました。



 2019年度

一般社団法人 慶應義塾大学薬学部KP

KP会星野尚美記念薬学研究・活動助成金応募要項

 

 

1 研究助成の趣旨   

当法人は、会員相互の親睦と研修を図るとともに、会員の学術的水準を高め、薬学・薬業の進歩発展に寄与貢献す

ることも重要な目的として設立された。この目的達成に貢献すると判断された研究や薬剤師の社会活動に対し、星

野尚美記念事業として助成金を支給する。

 

2 募集研究・活動テーマ

(1)臨床薬学的研究・活動に関する支援

(2)薬剤師の社会的使命・役割に関する社会薬学的研究又は活動

(3)薬剤師教育に関する研究又は活動

(4)医療経済・薬剤経済学的研究

(5)その他の薬学基礎研究

 

3 応募資格

(1)申請者はKP会会員とする(ただし、非会員の共立薬科大学・慶應義塾大学薬学部卒業生

  も申請時、入会すれば応募が可能となる)。

(2)当該研究テーマについて、他機関からの補助金等を受けているものは、対象外とする。

(3)研究・活動については、申請者の所属長の承認を受ける(所属長とは、病院の場合は、病院長

  あるいは 薬剤部長、保険薬局においては開設者とし、承認には署名及び捺印を必要とする。ただし、申請者自 

  身が所属長の場合は、申請者が「所属長の氏名」に自筆・捺印をして構わない。大学教員の場合の所属長とは、

  所属講座の長、あるいは講座の長が申請する場合は学部長とする)。

(4)研究・活動の実施にあたっては、必要に応じ、申請前に倫理委員会、利益相反に関する委員

  会などの承認を受ける。

 

4 助成金支給額及び助成年数

(1)毎年度、支給総額は200万円とし、1件あたりの支給金額の上限は50万円とする。

(2)助成年数は、1研究または1活動につき最長3年とする。ただし、各年度、審査する。

(3)本支給金は、オーバーヘッド、間接経費には使用できない。

 

5 応募方法

所定の申請書に必要事項を記載し、当法人あてに提出する。申請は、1人1件とする。

申請書は、HPよりダウンロードできる。

 

6 応募期間    2018101日~1130日(当日消印有効)

  以下の送付先へ、簡易書留あるいはレターパック等、追跡可能な方法で送付する。  

 

送付先  〒105-8512 東京都港区芝公園1-5-30 

慶應義塾大学薬学部 芝共立キャンパス内 KP

KP会星野尚美記念助成金事務局

 

7 選考及び結果の通知 

(1)理事会の人選により構成された選考委員会において慎重に選考の上、理事会で決定し、選

   考結果は2月上旬に文書により全申請者宛てに採否を通知する。

(2)採択された申請者の氏名、所属、研究または活動テーマ等を当法人のホームページ及び同

   窓会誌「なごみ」に公開する。

 

8 研究及び活動期間   201931日~20202月末 

 

9 実績報告及び研究成果発表

(1)事業年度終了後4月末までに、所定の事業実績報告書を提出する。

(2)助成金の使用については、所定の決算報告とともに領収書を添付する。

(3)研究・活動成果は、本会の指定した報告会で発表し、同窓会誌「なごみ」に報告する。

 

10 問い合わせ先  

   一般社団法人慶應義塾大学薬学部KP会事務局(月・火・水・金 10001600

  〒105-8512東京都港区芝公園1-5-30慶應義塾大学薬学部芝共立キャンパス内

   TEL 03-5400-2688   メールアドレス: hoshino@kp-dousoukai.com

申請書ダウンロード

                    

  

★ 2019年度 助成金支給までの流れ ★

 10月初旬 助成金応募要項を発表、受付開始 
 11月末 応募受付締め切り 
 12月~1月 選考
 2019年2月初旬 助成金支給者決定
2019年2月末 助成金支給


   

・本年のKP会星野尚美記念薬学研究・活動助成金の該当者は下記の2名です。 

     (採用は 3件 うち1件は辞退)

 (敬称略) 

         氏 名               研究 ・ 活動題名
 野口幸希  (2012卒・17院卒)
霊長類特異的胎盤関門輸送体OAT4によるヒト特異的胎児毒性発現機構の
解明
 松谷美樹  (1986卒・52回生)
薬を服用する際の子どもの苦手意識を克服させるための絵本の創作とその
活用




3.KP会星野尚美記念卒後50年の集い

 

共立薬科大学を卒業されてから、薬剤師として、また様々な分野で社会貢献なさってきた卒後50年にあたる

KP会員を招待し、KP会員としての結びつき、絆を感じ、親睦を図る「卒後50年の集い」を開催しております。

既に卒後50年を経た会員については下記の通りです。

 

   ・港区芝公園の地にて、会食懇談

   

   ・開催年及び招待回生

    (赤文字の回生は、理事会にてご招待年を変更いたしました。ご注意ください。)

 

   2017年: 1回生~18回生、23回生、28回生、33回生 …2017年10月28日開催済

   2018年: 19回生、20回生24回生、29回生、34回生 …2018年10月28日(日)開催済

   2019年: 21回生22回生25回生、30回生、35回生 …2019年10月27日(日)開催予定

   2020年: 26回生、31回生、36回生

   2021年: 27回生、32回生、37回生

   2022年: 38回生     以降同様

   

  

2018年の「卒後50年の集い」は10月28日(日)に終了いたしました。

ご参加を賜りました皆様に心より感謝申し上げます。 

 

 

KP会星野尚美事業のロゴマーク

 星野尚美さんは群馬県伊勢崎市のご出身で、群馬支部会にも出席していらっしゃいました。KP会前群馬支部長の鈴木ひろ子さんのご紹介により、素晴らしいロゴマークが出来上がりました。

 KP会星野尚美記念事業の際に使わせていただきます。